現代日本社会  第4巻 (歴史的前提)

東京大学社会科学研究所 編

戦前日本と戦後日本の普遍性と特殊性。江戸期、明治期、大正期そして戦前昭和へそれぞれの時代に現代日本社会の原型を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 西欧化としての日本近現代史
  • 1 「近代化」の前提と遺産(近代日本の<職業>観
  • 近代日本の社会秩序
  • 近代日本の企業秩序)
  • 2 多元主義的「同権化」の挫折(政党内閣制の崩壊-1930-1932年
  • 戦前日本における「社会民主主義」、「民主社会主義」、「企業民主主義」
  • 戦前日本における労働運動・農民運動の性質)
  • 3 強権的「同権化」と戦時体制(官僚と労働者問題-産業報国会体制論
  • 戦時計画経済と企業)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代日本社会
著作者等 坂野 潤治
東京大学社会科学研究所
東京大学社会科学研究所「現代日本社会」研究会
書名ヨミ ゲンダイ ニホン シャカイ
書名別名 歴史的前提
巻冊次 第4巻 (歴史的前提)
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1991.9
ページ数 398p
大きさ 22cm
ISBN 4130341049
NCID BN06723968
BN06742860
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92011684
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想