岩波講座ソフトウェア科学  13

長尾真 ほか編

プログラムの理論とはプログラムの意味や仕様を正確に述べるための理論の総称である。本書ではまず基本的な対象である式を定義し、計算の手順と数学的推論の形式化について詳しい解説を与える。さらにこの形式化とプログラムの正当性との関係を統一的に扱える論理体系を導入し、具体的なプログラムの検証や意味論への応用を見事に展開する。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 岩波講座ソフトウェア科学
著作者等 佐藤 雅彦
桜井 貴文
書名ヨミ イワナミ コウザ ソフトウェア カガク
書名別名 プログラムの基礎理論
巻冊次 13
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.9
ページ数 348p
大きさ 23cm
ISBN 4000103539
NCID BN06740388
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92004526
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想