西欧音楽教育史

供田武嘉津 著

これからの音楽教育はどのように変わっていくのか?現在までの史的展開を踏まえ、音楽教育の将来を考えるための教育関係者必読の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 古代にみる音楽の伝習-音楽教育の萌芽
  • 古代ギリシアの音楽教育-音楽教育の源流
  • 古代ローマの音楽教育-音楽教育の低徊
  • 中世の音楽教育-宗教的教化と音楽教育
  • 近世の音楽教育-教育思潮の変貌と音楽教育
  • 近代の音楽教育(教育自然主義と音楽教育
  • 芸術教育思潮と音楽教育)
  • 現代の音楽教育(音楽教育の転機
  • 音楽教育の新展開)
  • 近未来への音楽教育-音楽教育の理想像を求めて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西欧音楽教育史
著作者等 供田 武嘉津
書名ヨミ セイオウ オンガク キョウイクシ
書名別名 Seio ongaku kyoikushi
出版元 音楽之友社
刊行年月 1991.8
ページ数 383p
大きさ 22cm
ISBN 4276311721
NCID BN06729283
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92008209
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想