動脈硬化発生・進展の解明

住吉昭信, 斎藤康 編

[目次]

  • 血管壁構成細胞の役割(内皮細胞
  • 平滑筋細胞
  • マクロファージ)
  • 動脈硬化モデルを用いた動脈硬化発生・進展のプロセスの解明(WHHLウサギを用いた研究
  • 血栓症と内皮細胞傷害モデル
  • エラスチン免疫による動脈障害モデル)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 動脈硬化発生・進展の解明
著作者等 住吉 昭信
斎藤 康
齋藤 康
書名ヨミ ドウミャク コウカ ハッセイ シンテン ノ カイメイ
出版元 共立
刊行年月 1991.7
ページ数 157p
大きさ 22cm
ISBN 4320060881
NCID BN06728189
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91058200
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想