統一ドイツのゆくえ

坪郷実 著

あの劇的な「ベルリンの壁」崩壊からわずか一年足らずの1990年10月、「東」が「西」に編入される形でドイツ統一が実現した。だが政治も経済も全く異なる体制下にあった東西間の溝は深く、完全な統合への道は険しい。現代史に刻まれたこの未曽有のドラマをたどりつつ、EC統合という広い文脈のなかで今後のドイツを展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 穏やかな革命1989
  • 第2章 自由選挙から統一へ
  • 第3章 ナショナリズムに抗する知識人
  • 第4章 数字でみる東西ギャップ
  • 第5章 全ドイツ選挙で問われたもの
  • 第6章 統一の方法・統合のコスト
  • 第7章 新しい政治の挑戦
  • 第8章 ヨーロッパとドイツ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 統一ドイツのゆくえ
著作者等 坪郷 実
書名ヨミ トウイツ ドイツ ノ ユクエ
書名別名 Toitsu doitsu no yukue
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.9
ページ数 220, 6p
大きさ 18cm
ISBN 4004301858
NCID BN06725894
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92003176
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想