言語からみた民族と国家

田中克彦 著

<民族問題>は社会主義の根底を揺るがしている。国家語とそれがはらむ差別のイデオロギーを問い、柳田国男、カウツキー、スターリンらの思考を分析しつつ、民族と国家という難問に言語の面から挑んだ名著に、ペレストロイカ進行下に、ソ連の民族理論を再検討する意欲的論稿「ソビエト・エトノス科学の挑戦と挫折」を加えた新編集決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 ダンテにおける「高貴な俗語」
  • 1 エリートの国語
  • 2 柳田国男と言語学
  • 3 カール・カウツキーと国家語
  • 4 ソ連邦における民族理論の展開-脱スターリン体制下の国家と言語
  • 5 国家語イデオロギーと言語の規範
  • 6 ソビエト・エトノス科学の挑戦と挫折
  • 7 固有名詞の復権

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言語からみた民族と国家
著作者等 田中 克彦
書名ヨミ ゲンゴ カラ ミタ ミンゾク ト コッカ
書名別名 Gengo kara mita minzoku to kokka
シリーズ名 同時代ライブラリー 81
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.9
ページ数 321p
大きさ 16cm
ISBN 4002600815
NCID BN06724428
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92003888
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想