徳川絶対王政論

飯沼二郎 著

[目次]

  • 第1章 徳川時代は絶対主義か(福田徳三の説
  • 北島正元の説)
  • 第2章 純粋荘園制と絶対主義(西欧農業の発展過程
  • 日本農業の発展過程
  • 農書の意味
  • イエとムラの成立)
  • 第3章 ブルジョア的発展と絶対主義(全国市場の成立
  • 近世奥羽の貫高制
  • 近世甲州・信州の貫高制
  • 石高制の成立
  • 国高の決定
  • 表高と内高
  • 石高制と兵農分離)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 徳川絶対王政論
著作者等 飯沼 二郎
書名ヨミ トクガワ ゼッタイ オウセイロン
出版元 未来社
刊行年月 1991.8
ページ数 128p
大きさ 20cm
ISBN 4624111362
NCID BN06724337
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91066565
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想