大地は死んだ : ヒロシマ・ナガサキからチェルノブイリまで

綿貫礼子 著

生命と環境をめぐる最前線テーマ、「誕生前の死」を初めて捉える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 戦後史の中で(大地は死んだ-5年目のチェルノブイリ
  • 環境と生命-ヒロシマ・ナガサキからチェルノブイリまで)
  • 2 技術社会を女性の目で(母乳のエコロジー
  • 放射線被曝と継世代発ガン-親から子へ、そして孫へ
  • 社会を変える女性たちの「哲学」)
  • 3 21世紀への課題(環境問題から平和を考える
  • 「環境と開発」論をめぐって
  • 有害廃棄物と企業の社会的責任-毒物学的立場から)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大地は死んだ : ヒロシマ・ナガサキからチェルノブイリまで
著作者等 綿貫 礼子
書名ヨミ ダイチ ワ シンダ
書名別名 Daichi wa shinda
シリーズ名 Save our planet series
出版元 藤原書店
刊行年月 1991.7
ページ数 266p
大きさ 21cm
ISBN 4938661306
NCID BN06718775
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91059685
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想