仏事葬儀の常識と問題

大法輪編集部 編

死は突然おとずれる。その際、遺族は短時日内での葬儀式の執行を迫られるので、大慌てするのが普通だ。葬儀社や互助会、また寺院僧侶との間に金銭的トラブル、不満、後悔が生ずるのも此の時である。本書は、こうした近親者の死を迎えたとき、慌てることなく儀式を行う方法から、その後の法事の仕方、仏教徒としての心構えなど、日本人として心得ておきたい仏事葬儀の常識を集め、さらに現代葬儀に見る様々な問題点をも考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 葬儀の問題点
  • 第2章 死に臨んで
  • 第3章 葬儀の常識
  • 第4章 仏事の常識
  • 第5章 仏事葬儀への提言
  • 第6章 資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 仏事葬儀の常識と問題
著作者等 大法輪編集部
書名ヨミ ブツジ ソウギ ノ ジョウシキ ト モンダイ
シリーズ名 大法輪選書 19
出版元 大法輪閣
刊行年月 1986.3
ページ数 206p
大きさ 19cm
ISBN 4804650199
NCID BN06716000
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86029339
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想