象徴としての円 : 人類の思想・宗教・芸術における表現

マンフレート・ルルカー 著 ; 竹内章 訳

人類が所有する最も古い象徴のひとつ<円>は、太古の昔から現代まで、信仰や思想あるいは芸術や文学のモチーフとして常に繰り返し現われてきた。多種多様な実例を援引し円の比較象徴研究を試みながら、人間の生の営為を表現し・伝え、精神史・文化史に重要な役割を果たしてきたその神秘の世界を開く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 幾何学と現象学と形態学のために
  • 小児の体験世界と造形世界
  • 神の円
  • 世界のすがた
  • 時間と永遠
  • 天と天体
  • 黄泉の国の象徴としての円
  • 原初 調和 全体性
  • 人間と円

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 象徴としての円 : 人類の思想・宗教・芸術における表現
著作者等 Lurker, Manfred
竹内 章
ルルカー マンフレート
書名ヨミ ショウチョウ ト シテノ エン
書名別名 Der Kreis als Symbol

Shocho to shiteno en
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 342
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1991.9
ページ数 177, 4p
大きさ 20cm
ISBN 4588003429
NCID BN06710092
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92004603
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想