正常な「老い」と異常な「老い」 : 晩年を美しく生きるために

清田一民 著

これから急速に増大する老人の医療と福祉の問題は、「正常な老い」と「異常な老い」に関連して、予防と早期診療の2面から、積極的になされることが大切である。痴呆性老人の入院または施設入所については、老人保健法における自由制限など法的規制が早急になされる必要がある。「老人核家族率」の急増への福祉対策として、小人数のスモール・グループ・ホーム(SGH)を各地に作り、地域の人々との交流の場となることを提案したい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 症例の紹介(生物学的要因による障害が大きい例
  • 人間学的要因による障害が大きい例
  • 作話的妄想発展)
  • 正常な「老い」と異常な「老い」
  • 痴呆疾患の中核精神症状と周辺精神症状
  • 「老い」の神経心理
  • 老年期のうつ状態(気物障害)とその周辺
  • 老人性痴呆疾患の問題行動
  • 老人と家族の問題
  • 医療介護
  • 老化を防ぐ心身の健康管理

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 正常な「老い」と異常な「老い」 : 晩年を美しく生きるために
著作者等 清田 一民
書名ヨミ セイジョウナ オイ ト イジョウナ オイ
書名別名 Seijona oi to ijona oi
出版元 星和書店
刊行年月 1991.7
ページ数 267p
大きさ 22cm
ISBN 4791102169
NCID BN06690020
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91063995
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想