図書館ネットワークの現状と課題

日本図書館学会研究委員会 編

[目次]

  • 図書館ネットワークをめぐる問題点(菊池しづ子)
  • 図書館ネットワークの限界(上田修一)
  • 図書館ネットワーク批判-Thomas H.Ballardのアンチテーゼ(三井幸子)
  • 全国書誌と全国総合目録-アメリカにおける書誌コントロール概念成立の背景(根本彰)
  • 北米の書誌ユーティリティの動向(牛崎進)
  • 英国における図書館間相互協力(緑川信之)
  • 公共図書館ネットワーク論の現状と課題(薬袋秀樹)
  • 大学図書館ネットワークとしての学術情報センター・システム(柴田正美)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図書館ネットワークの現状と課題
著作者等 上田 修一
日本図書館学会
日本図書館学会研究委員会
菊池 しづ子
書名ヨミ トショカン ネットワーク ノ ゲンジョウ ト カダイ
シリーズ名 論集・図書館学研究の歩み 第11集
出版元 日外アソシエーツ
刊行年月 1991.8
ページ数 189p
大きさ 21cm
ISBN 4816911065
NCID BN06688222
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92040085
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想