分子を超えて : 錯体の世界

錯体化学研究会 編

生命の営みを支え、ハイテクに不可欠…。化学のさまざまな分野で大活躍する錯体。その金属原子と配位子の織りなす美しい世界をここに…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 柳は緑、血は紅-金属錯体とは何か
  • 2章 無機化学の厄介者から人気者へ-錯体化学の歴史
  • 3章 虫めがねから原子めがねへ-分子の形を見る
  • 4章 忍ぶれど色に出にけり-色彩の世界
  • 5章 犬にタコを食わすな-生物を支える錯体
  • 6章 あなたは誰?-識別する錯体
  • 7章 米の飯とお天道様はついてまわる-エネルギーを生みだす錯体
  • 8章 食べられないサンドイッチ-有機金属錯体
  • 9章 ポリ袋はなぜ安い-化学反応を進める錯体触媒
  • 10章 まわりだしたら止まらない-電気を運ぶ錯体
  • 11章 歩きながら音楽を聴こう-磁石をつくる錯体
  • 12章 仲間は陸と海に-自然界の錯体

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 分子を超えて : 錯体の世界
著作者等 錯体化学研究会
書名ヨミ ブンシ オ コエテ
書名別名 Bunshi o koete
出版元 化学同人
刊行年月 1991.9
ページ数 166p
大きさ 21cm
ISBN 4759802185
NCID BN06683466
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92058813
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想