韃靼漂流記

園田一亀 著

17世紀なかば越前の商民は、天候の異変に災いされて不幸にも中国の東北地方に漂着し悲劇がおこった。しかし幸い生命をとりとめた15名は、奉天(瀋陽)から北京に送られ、恰も疾風のごとく中国を席巻・支配しようとする清朝の開国期にたちあい希有・貴重な見聞録を残した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 韃靼漂流記(石井本)
  • 韃靼漂流記の研究(解題
  • 韃靼国漂流の顛末
  • 燕京生活の一年
  • 漂流人の送還
  • 漂流人の日本生還)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 韃靼漂流記
著作者等 園田 一亀
書名ヨミ ダツタン ヒョウリュウキ
書名別名 Datsutan hyoryuki
シリーズ名 東洋文庫 539
出版元 平凡社
刊行年月 1991.9
ページ数 324p
大きさ 18cm
ISBN 4582805396
NCID BN06683207
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92001775
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
韃靼漂流記(石井本) 国田兵右衛門, 宇野与三郎
韃靼漂流記の研究 園田 一亀
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想