非訟事件の裁判の既判力 : 非訟事件の基礎的諸問題

鈴木忠一 著

[目次]

  • 目次
  • 非訟事件の裁判の既判力 / p1
  • 一 緒論 / p1
  • 一 非訟事件の地位 / p1
  • 二 訴訟事件と非訟事件の区別 / p6
  • 三 本稿の態度 / p10
  • 二 非訟事件の裁判の既判力 / p19
  • 一 問題の所在と民事訴訟に於ける既判力 / p19
  • 二 形式的確定力 / p22
  • 三 裁判の取消変更と既判力 / p26
  • 四 学説の概観 / p33
  • 五 自説 / p41
  • 非訟事件に於ける裁判の無効と取消・変更 / p71
  • 一 非訟事件に於ける裁判の無効 / p72
  • 一 一般的考察 / p72
  • 二 手続上の瑕疵に因る無効 / p73
  • 三 実体上の理由に因る無効 / p81
  • 四 無効な裁判の取扱 / p86
  • 二 非訟事件に於ける裁判の取消変更の一般 / p87
  • 一 抗告による取消変更 / p88
  • 二 非訟法一九条一項による取消変更 / p92
  • 三 事情変更に因る取消変更 / p95
  • 四 非訟事件の裁判と再審 / p98
  • 三 非訟法一九条一項に関する問題 / p104
  • 一 取消変更の対象たる裁判・申立の要否 / p105
  • 二 取消変更の権限ある裁判所 / p106
  • 三 取消変更の制限 / p111
  • 四 事情変更に因る取消変更に関する問題 / p117
  • 一 事情変更に因る取消変更の対象たる裁判 / p117
  • 二 非訟法一九条一項との関係 / p120
  • 三 管轄裁判所 / p121
  • 四 申立の要否 / p122
  • 五 取消変更の裁判の効力 / p124
  • 一 非訟法一九条一項による取消変更の裁判の効力 / p124
  • 二 事情変更に因る取消変更の裁判の効力 / p133
  • 非訟事件の裁判及び訴訟上の和解の既判力 / p135
  • 一 緒論 / p135
  • 二 訴訟上の和解と非訟事件 / p137
  • 三 非訟事件の裁判の既判力 / p141
  • 四 罹災都市借地借家臨時処理法の裁判 / p158
  • 五 訴訟上の和解の既判力 / p171
  • 六 結語 / p182
  • 非訟事件に於ける当事者 / p187
  • 一 緒論 / p187
  • 二 非訟事件に於ける当事者 / p190
  • 一 非訟事件に於ける民訴当事者概念の否定 / p190
  • 二 否定説の検討 / p197
  • 三 民討の当事者を含む広義の当事者概念 / p199
  • 四 形成訴訟との比較 / p201
  • 五 非訟法一八条一項(家審法一三条)と当事者 / p205
  • 六 手続費用負担の法則と当事者 / p211
  • 七 申立事件の当事者 / p217
  • 八 職権による事件の当事者 / p236
  • 九 抗告審の当事者 / p239
  • 三 非訟事件に於ける当事者能力・訴訟能力・代理人 / p252
  • 四 非訟事件に於ける当事者の参加 / p258
  • 五 非訟事件に於ける共同当事者 / p260
  • 六 非訟事件に於ける手続の中断・受継 / p265
  • 事項索引 / p1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 非訟事件の裁判の既判力 : 非訟事件の基礎的諸問題
著作者等 鈴木 忠一
書名ヨミ ヒショウ ジケン ノ サイバン ノ キハンリョク : ヒショウ ジケン ノ キソテキ ショモンダイ
出版元 弘文堂
刊行年月 1961
ページ数 268p
大きさ 22cm
NCID BN06674512
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
61006733
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想