バナナ学入門

中村武久 著

かつてバナナは贅沢品であり子供たちのあこがれであったが、悲しいかな、今や他の果物より安く売られている。しかし近年、栄養豊富なバナナはスポーツ食や病人食として見直され始めた。人類は誕生以来バナナと共に生きてきたにもかかわらず、バナナについて多くを知らない。バナナは、ふだん私達が食べている生食用のものだけではない。種類によっては料理に、繊維に,薬用にも使われる。本書は世界の様々なバナナを紹介しながらバナナの魅力を、またバナナの未来の可能性を語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 野生バナナから栽培バナナへ
  • 第2章 バナナの起源とその伝播
  • 第3章 バナナのいろいろ-東南アジアを中心に
  • 第4章 やさしいバナナの植物学
  • 第5章 バナナは人類の未来を救うか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バナナ学入門
著作者等 中村 武久
書名ヨミ バナナガク ニュウモン
シリーズ名 丸善ライブラリー 21
出版元 丸善
刊行年月 1991.8
ページ数 148p
大きさ 18cm
ISBN 4621050214
NCID BN06669308
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91064128
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想