調停法の理論と実際

宮崎澄夫 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一編 總論
  • 第一章 調停の本質 / 19
  • 第一節 法と國民協同體 / 19
  • 第二節 法實現の手段としての調停 / 21
  • 第三節 調停に於ける法實現の方法 / 31
  • 第一項 調停の成立 / 35
  • 第二項 調停の實行 / 47
  • 第三項 強制調停 / 50
  • 第四項 調停に代る裁判 / 54
  • 第四節 調停に於ける法實現の基準 / 61
  • 第五節 調停の機關 / 68
  • 第二章 わが國調停制度の現状 / 70
  • 第三章 訴訟と調停 / 72
  • 第一節 訴訟と調停との差異 / 72
  • 第二節 訴訟と調停の優劣 / 75
  • 第三節 訴訟と調停相互の關係 / 81
  • 第四章 調停なる言葉の意義 / 84
  • 第五章 調停の效力 / 87
  • 第一節 裁判上の和解と調停 / 87
  • 第二節 合意たる調停の效力 / 96
  • 第一項 裁判上の和解の效力 / 97
  • 一、 訴訟上の和解の效力 / 97
  • 二、 訴提起前の和解の效力 / 107
  • 第二項 調停の效力 / 112
  • 第三節 強制調停の場合の調停條項の效力 / 120
  • 第四節 調停に代る裁判の效力 / 122
  • 第二編 各論
  • 第一章 借地借家調停法 / 127
  • 第一節 立法の沿革 / 127
  • 第二節 調停事項及び調停機關 / 128
  • 第一項 調停事項 / 128
  • 第二項 調停機關 / 130
  • 一、 裁判所 / 130
  • 二、 調停委員會 / 130
  • 三、 補助者 / 131
  • 第三項 裁判所の管轄 / 132
  • 第三節 當時者及び利害關係人 / 133
  • 第一項 當時者 / 133
  • 第二項 利害關係人 / 134
  • 第四節 調停開始原因 / 138
  • 第一項 調停の申立 / 138
  • 第二項 調停に付する旨の決定 / 141
  • 第五節 調停手續 / 144
  • 第一項 裁判所の調停 / 145
  • 第二項 調停委員會の調停 / 149
  • 第六節 調停の終了 / 152
  • 第一項 調停の成立 / 152
  • 第二項 強制調停 / 155
  • 第三項 不調の處分 / 157
  • 第四項 調停申立の却下及び調停をなさざる旨の處分 / 158
  • 第五項 調停申立の取下 / 159
  • 第六項 移送 / 160
  • 第七節 調停の費用 / 160
  • 第八節 施行區域 / 161
  • 二章 小作調停法 / 163
  • 第一節 立法の沿革 / 163
  • 第二節 調停事項及び調停機關 / 164
  • 第一項 調停事項 / 164
  • 第二項 調停機關 / 165
  • 一、 裁判所 / 165
  • 二、 調停委員會 / 166
  • 三、 補助機關 / 167
  • 第三項 裁判所の管轄 / 169
  • 第三節 當時者及び利害關係人 / 170
  • 第四節 調停開始原因 / 172
  • 第一項 調停の申立 / 172
  • 第二項 調停に付する旨の決定 / 174
  • 第五節 調停手續 / 175
  • 第一項 裁判所の調停手續 / 175
  • 第二項 調停委員會の調停手續 / 178
  • 第六節 調停の終了 / 180
  • 第一項 調停の成立 / 180
  • 第二項 強制調停 / 182
  • 第三項 調停に代る裁判 / 183
  • 第四項 不調の處分、申立の却下、調停をなさざる旨の處分、申立の取下、移送 / 184
  • 第七節 調停の費用 / 185
  • 第八節 施行區域 / 187
  • 第三章 農地調停法 / 188
  • 第四章 商事調停法 / 190
  • 第一節 立法の沿革 / 190
  • 第二節 調停事項及び調停機關 / 191
  • 第一項 調停事項 / 191
  • 第二項 調停機關 / 192
  • 第三節 申立の手數料及び計算人 / 192
  • 第四節 仲裁判斷 / 194
  • 第五節 施行區域 / 195
  • 第五章 金錢債務臨時調停法 / 197
  • 第一節 立法の沿革 / 197
  • 第二節 調停事項及び調停機關 / 199
  • 第一項 調停事項 / 199
  • 第二項 調停機關 / 200
  • 第三節 調停開始原因 / 201
  • 第一項 調停の申立 / 201
  • 第二項 調停に付する旨の決定 / 203
  • 第三項 調停開始の請求 / 203
  • 第四節 調停手續 / 204
  • 第五節 調停の終了 / 205
  • 第六節 施行區域 / 207
  • 第六章 人事調停法 / 208
  • 第一節 立法の沿革 / 208
  • 第二節 調停事項及び調停機關 / 209
  • 第一項 調停事項 / 209
  • 第二項 調停機關 / 216
  • 第三項 裁判所の管轄 / 218
  • 第三節 當時者及び利害關係人 / 220
  • 第四節 調停の規準 / 223
  • 第五節 調停開始原因 / 224
  • 第六節 調停手續 / 226
  • 第七節 調停の終了 / 227
  • 第一項 調停の成立 / 227
  • 第二項 申立の却下、調停をなさざる旨の處分 / 229
  • 第三項 申立の取下、不調處分、移送 / 229
  • 第八節 調停の費用及び施行區域 / 230
  • 第七章 鑛害賠償調停法 / 231
  • 附録 關係法規集
  • 借地借家調停關係 / 237
  • 小作調停及農地調停關係 / 252
  • 商事調停關係 / 267
  • 金錢債務調停關係 / 273
  • 人事調停關係 / 285
  • 鑛害調停關係 / 290

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 調停法の理論と実際
著作者等 宮崎 澄夫
宮崎 澄雄
書名ヨミ チョウテイホウ ノ リロン ト ジッサイ
出版元 東洋書館
刊行年月 昭和17
ページ数 295p
大きさ 22cm
NCID BN06657987
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46010045
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想