写真の時代

富岡多恵子 著

光学から化学になり、さらに電子工学に吸収されようとしているカメラ・テクノロジーの発展とあいまって、写真の日常生活への普及は極限に達しようとしている。他方で写真の作品化がすすみ、美術館に収蔵されたり、オークションにかけられ高値で落札されたりするように、もう充分に芸術品扱いを受けている。写真をめぐるこのような状況をニラミながら、あくまでも素人の場所から、ノンシャランな構えとみせて鋭い批評を加えたのが本書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • キカイの自立性
  • モデルは聖者である-写される側の表現と論理
  • 月例コンテスト流写真
  • 闇の犯行-シリアス・アートのいわれ
  • なぜ題をつけるか-写真の自主性を考える
  • 揶揄の視線-「女が見る女」と「男が見る女」
  • 吹けば飛ぶよな想像力-航空写真
  • カメラの高級化-使用説明書を読みながら
  • 不許可写真-記録性の逆転劇
  • 絵のような写真-ウィリアム・エグルストンの世界
  • 戦争写真集-石川文洋のベトナムの記録
  • かなしみの壷-リチャード・アベドンの「肖像」
  • さまざなま花-須田一政『風姿花伝』
  • ハダカの女と女の裸-E.J.ベロックの写真
  • 写真師の写真-写真の開祖上野彦馬
  • 写真の日本画-前田真三『出合の瞬間』
  • ひかえ目の美学-増田彰久『フランク・ロイド・ライトの世界』
  • こわい写真-レニ・リーフェンシュタールのヌバ族
  • これからの「写真史」-JPS編『日本現代写真史』を見て
  • 奢るなかれ現代の聖像製作者
  • 青春と時代の憂鬱-桑原甲子雄氏に会う
  • 「顔写真」と無署名性
  • 庶民の遊び-自動焦点カメラで写してみた
  • 写真のためにはなにも存在しない
  • 「写真の時代」の終り

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 写真の時代
著作者等 富岡 多恵子
書名ヨミ シャシン ノ ジダイ
書名別名 Shashin no jidai
シリーズ名 筑摩叢書 355
出版元 筑摩書房
刊行年月 1991.8
ページ数 231p
大きさ 19cm
ISBN 4480013555
NCID BN06642356
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91067203
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想