萩原朔太郎『猫町』私論

清岡卓行 著

本書において著者は、詩人でありかつ作家であることがもたらす繊細でやわらかな感受性をはたらかせ、朔太郎の内部と外部をどこまでも正確な緊密さをもって追いかけている。『猫町』を糸口にすると朔太郎はどのように見えてくるか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 萩原朔太郎『猫町』私論
著作者等 清岡 卓行
書名ヨミ ハギワラ サクタロウ ネコマチ シロン
書名別名 Hagiwara sakutaro nekomachi shiron
シリーズ名 筑摩叢書 354
出版元 筑摩書房
刊行年月 1991.8
ページ数 238p
大きさ 19cm
ISBN 4480013547
NCID BN06642334
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91067375
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想