芥川文学 : 海外の評価

吉田精一, 武田勝彦, 鶴田欣也 編著

この本の情報

書名 芥川文学 : 海外の評価
著作者等 吉田 精一
武田 勝彦
鶴田 欣也
書名ヨミ アクタガワ ブンガク
出版元 早稲田大学出版部
刊行年月 1972
ページ数 319, 42p
大きさ 19cm
NCID BN06631123
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
75019906
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「南京の基督」論 ウィリアム・ナッフ
「手巾」 ジェームス・マクマレン
「芋粥」 : ゴオゴリイ、「今昔物語」の融合 ジェームス・アラキ, 佐藤八重子
「薮の中」の独白劇 トーマス・クワーク
小説「河童」の内在的意味 上田真
欧米の芥川研究と翻訳 武田 勝彦
芥川の「薮の中」と真相さがし 鶴田欣也
芥川の文学 ヴァルド・ヴィリエルモ
芥川文学の評価 : 英語圏の場合 鶴田欣也
芥川竜之介と負の思想 ハワード・S.ヒベット
芥川竜之介におけるサナトス 鶴田欣也
芥川竜之介の文学 : ラテン・アメリカの視点 酒井和也
芥川竜之介概説 吉田 精一
芥川竜之介論 ウィリアム・シブリー
選択の相克 : 芥川の登場人物について トーマス・E・スワン
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想