社会科の授業入門

佐柳正 著

[目次]

  • もくじ
  • まえがき / p1
  • I 授業のしかたはどう変ってきたか / p9
  • 一 社会科の誕生 / p10
  • 二 「試案」と「補説」のころ / p19
  • 三 第一次改訂のころ / p25
  • 四 社会科改善方策発表のころ / p33
  • 五 第二次改訂以後 / p41
  • 六 十年の歩みに教えられるもの / p50
  • II 授業の計画をどうたてるか / p53
  • 一 計画することのたてまえ / p54
  • 1 指導案をたてるということ / p54
  • 2 「指導案」か「学習指導案」か / p57
  • 3 「案」の意味するもの / p59
  • 二 指導式の形式-どんな形式がいいのか / p62
  • 1 形式を決定する条件 / p62
  • 2 指導案の類型 / p65
  • 3 研究授業の指導案 / p70
  • 三 指導案の内容-どんなことを書けばよいのか / p73
  • 1 単元設定の理由 / p73
  • 2 単元の目標 / p77
  • 3 単元の組織 / p79
  • 4 本時の学習 / p81
  • 5 研究授業指導案論 / p93
  • 四 立案の手順と方法 / p96
  • 1 研究授業の指導案のたてかた / p96
  • 日々の実践のための指導案のたてかた / p99
  • 3 立案中のつまずきとその打開策 / p100
  • III 授業を支える力-どうとらえ、どう生かすか / p103
  • 一 教師の教育観-それが授業の軌道を決定する / p104
  • 二 学習の目標-それが授業の到達点である / p107
  • 三 子どもの生態-それが授業の展開の基盤となる / p108
  • 1 学級の編成・組織 / p109
  • 2 子どもの経験 / p110
  • 3 子どもの能力 / p111
  • 4 子どもの問題意識 / p112
  • 5 学級の個性 / p114
  • 四 教材-それが授業のなかみを価値づける / p116
  • 五 教育研究-それが授業の有効性をうらづける / p119
  • 六 指導技術-それが授業の効果を左右する / p122
  • 七 学習訓練-それが授業の活動性をたかめる / p124
  • 八 地域性-それが授業を特徴づける / p127
  • 九 教科書と補助教材-それが授業の効果と能率をたかめる / p130
  • 1 教科書 / p130
  • 2 補助教材 / p132
  • 一〇 他教材-それが授業の進め方を制約する / p134
  • 一一 両親-それが授業の独善性をいましめる / p136
  • IV 授業の組織のしかた / p139
  • 一 単元展開のすじみちをはずさない
  • 二 子どもの意識の発展にそって / p144
  • 三 子どもの能力に適した展開 / p148
  • 四 教材の性格と授業形態の調和 / p151
  • 五 授業のバラエティを工夫する / p154
  • 六 教えることと考えさせることとのけじめをつける / p157
  • 七 学習の重複をさける / p160
  • 八 具体的教材で、具体的活動を / p165
  • 九 学習の能率を考える / p170
  • 一〇 子どもにおぶさった授業はこびとならない / p174
  • 一一 画一的な学習組織とならない / p177
  • V 授業の技術 / p181
  • 一 教科書の生きた使い方 / p182
  • 二 子どもをひきつける板書の技術 / p184
  • 三 学力をつけるノートのとらせ方 / p187
  • 四 こたえをひき出し、考えをのばす発問の技術 / p190
  • 五 机間巡視の効果と技術 / p195
  • 六 身につく宿題のさせ方 / p198
  • 七 社会科の「練習」のさせ方 / p201

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 社会科の授業入門
著作者等 佐柳 正
書名ヨミ シャカイカ ノ ジュギョウ ニュウモン
書名別名 Shakaika no jugyo nyumon
出版元 明治図書
刊行年月 1961
ページ数 204p
大きさ 19cm
NCID BN06626520
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
61005499
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想