吉川神道の基礎的研究

平重道 著

[目次]

  • 目次
  • 一 吉川惟足の筆蹟 土津神社蔵
  • 二 吉川惟足画像 羽倉敬尚氏 「吉川惟足大人行状」所載
  • 三 吉田兼従画像 土津神社蔵
  • 四 吉田兼従が吉川惟足に与えた神籬磐境堂伝 土津神社蔵
  • 五 吉川従長が会津藩士松平正容に与えた神籬磐境伝 土津神社蔵
  • 第一編 研究編
  • 第一章 吉川惟足の人物と事蹟 / p3
  • 一 家系及び生立 / p3
  • 二 吉田兼従への入門と道統継承 / p8
  • 三 神道家としての自立 / p16
  • 四 保科正之との関係 / p25
  • 五 返伝授の問題 / p40
  • 六 嗣子従長への道統附属 / p51
  • 第二章 吉川惟足の神道思想 / p58
  • 一 惟足の著述及び従来の研究の概略 / p58
  • 二 神代巻講義に現らわれた思想 / p77
  • 三 中臣祓講義に現らわれた思想 / p89
  • 四 神道大意講義に現らわれた思想 / p98
  • 五 惟足の神道思想の本質 / p115
  • 第三章 吉川神道の成立と秘伝の組織 / p120
  • 一 吉田神道における秘伝の問題 / p120
  • 二 惟足の神道秘伝の問題 / p146
  • 三 吉川従長と秘伝組織の完成 / p175
  • 四 吉川神道の秘伝の全貌と道統のの継承 / p209
  • 第四章 吉川神道における秘伝の思想内容 / p252
  • 一 一事伝の思想内容 / p252
  • 二 二事伝の思想内容 / p273
  • 三 三事伝の思想内容 / p309
  • 四 四重奥秘伝の思想内容 / p330
  • 第五章 吉川神道思想史的位置 / p338
  • 一 吉川神道の影響 / p338
  • 二 会津藩と吉川神道 / p352
  • 三 山崎闇斎と吉川惟足 / p387
  • 四 吉川神道の思想史的位置 / p414
  • 第二編 資料編
  • 解説 / p435
  • 資料一 吉川視吾堂先生行状 / p441
  • 資料二 視吾霊神行状抜書 / p481
  • 資料三 南竜院様之視吾堂御返答申上候条々 / p483
  • 資料四 吉川源十郎従長口上書 / p486
  • 資料五 吉川源十郎従長書上 / p489
  • 資料六 唯受吉川家之系譜 / p490
  • 資料七 谷泰山「吉川惟足伝」 / p494
  • 資料八 寛政重修諸家譜「吉川家系譜」 / p496
  • 資料九 宗源唯一理学一事伝授目録 / p497
  • 資料十 二事重位秘伝 / p506
  • 資料十一 三事重位秘伝 / p534

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 吉川神道の基礎的研究
著作者等 平 重道
書名ヨミ ヨシカワ シントウ ノ キソテキ ケンキュウ
書名別名 Yoshikawa shinto no kisoteki kenkyu
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1966
ページ数 540p 図版
大きさ 22cm
NCID BN06626167
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66005186
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想