画家ダヴィッド : 革命の表現者から皇帝の首席画家へ

鈴木杜幾子 著

ジャック・ルイ・ダヴィッド。1748-1825。フランス新古典主義の代表的画家。その前半生においては、熱烈な革命派として、フランス革命の諸事件の視覚的記録を描き、後半生では、皇帝ナポレオンの首席画家として、大作『ナポレオンの戴冠式』を残した。二つの苛烈な時代を生き抜いた画家の生涯と仕事を通じて、忘れられた西洋近代絵画の正統を堀り起こした気鋭の力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 新古典主義の復権とジャック=ルイ・ダヴィッド
  • 第1部 啓蒙主義時代の絵画-歴史画の復興と大革命以前のダヴィッド(歴史家の視点をもつ芸術家たち
  • 歴史画の盛衰
  • 歴史画復興運動の国際的背景
  • フランスにおける歴史画復興運動
  • 復興された歴史画)
  • 第2部 ダヴィッドと革命の美術-フランス革命の視覚言語(ダヴィッドとフランス革命
  • 革命の記録者
  • 革命の意匠家)
  • 第3部 皇帝の首席画家、ジャック=ルイ・ダヴィッド(ナポレオンとの出会い
  • 皇帝の首席画家)
  • 第4部 ルーヴル美術館の誕生(旧体制時代
  • 革命時代
  • 執政政府時代
  • 帝政時代
  • ナポレオン美術館の崩壊)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 画家ダヴィッド : 革命の表現者から皇帝の首席画家へ
著作者等 鈴木 杜幾子
書名ヨミ ガカ ダヴィッド
出版元 晶文社
刊行年月 1991.7
ページ数 340, 7p
大きさ 22cm
ISBN 479496062X
NCID BN06622756
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91059858
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想