セゾンの歴史 : 変革のダイナミズム  下巻

由井常彦 編 ; 小山周三, 橋本寿朗 著

消費者意識の変化、消費行動の多様化など大きな変化をみせた石油危機以後のわが国の社会・経済。この時代に多角化、国際化を推進し、異形の企業集団を創りあげたセゾンの企業行動を描く。セゾンを通して見る日本社会の変容。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第4章 流通革新の推進と新規諸事業の展開(石油危機後の日本経済と流通産業
  • 基幹会社体制の確立とグループ戦略の展開
  • 大規模店舗の再編成
  • 街づくりの発想と外食産業の展開
  • 西武化学工業の再編と不動産部門の展開
  • 金融部門への進出
  • 関西への進出)
  • 第5章 市場の成熟とセゾングループ(消費市場の成熟と産業構造の転換
  • 西武流通グループからセゾングループへ
  • 従来型の流通業からの転換
  • 外食産業・食品産業の再編
  • 開発事業の発展と街づくり
  • ファイナンスビジネスの拡大)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 セゾンの歴史 : 変革のダイナミズム
著作者等 小山 周三
柳沢 遊
橋本 寿朗
田付 茉莉子
由井 常彦
日本経営史研究所セゾングループ史編纂委員会
書名ヨミ セゾン ノ レキシ
巻冊次 下巻
出版元 リブロポート
刊行年月 1991.6
ページ数 635, 12p
大きさ 23cm
ISBN 4845706253
NCID BN06621651
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91057976
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想