植物分子生物学実験法

C.H.Shaw 著 ; 遠山益 監訳

本書は、生物学の先端分野の一つである植物の分子生物学実験のプロトコールについて、述べたものである。植物に特異的な葉緑体、植物ミトコンドリア、植物プロトプラスト、クラミドモナス、ラン藻などを例に、遺伝子構造の分析、単離、遺伝子発現の分析、形質転換等々について記述、初めてこの分野に着手しようとする研究者から、理学部、農学部の生物系の専攻学生の植物分子生物学実験の指導書としても役立つものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 植物遺伝子発現の分析
  • 2 植物遺伝子構造の分析
  • 3 葉緑体の単離と分析
  • 4 植物ミトコンドリアとゲノムの単離と分析
  • 5 顕微鏡法による高分子の細胞内局在性
  • 6 植物における外来遺伝子の発現
  • 7 プロトプラストの単離、および形質転換
  • 8 可動因子とgene‐tagging
  • 9 植物の分子ウイルス学
  • 10 クラミドモナスの分子生物学
  • 11 ラン藻の分子生物学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 植物分子生物学実験法
著作者等 Shaw, C. H.
Shaw, Charles H
遠山 益
Shaw Charles H.
書名ヨミ ショクブツ ブンシ セイブツガク ジッケンホウ
書名別名 Plant molecular biology
出版元 丸善
刊行年月 1991.7
ページ数 351p
大きさ 22cm
ISBN 4621036203
NCID BN06601905
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91061163
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想