官僚 : 日本の政治を動かすもの

藤原弘達 著

[目次]

  • 《目次》
  • まえがき / p3
  • はじめに / p13
  • 1 日本を支配しているもの / p21
  • <1> 支配のからくり / p22
  • <2> 支配者になる人 / p28
  • <3> 支配勢力となる条件 / p34
  • <4> 官僚支配の強さ / p39
  • 2 天皇の官僚 / p47
  • <1> 成り上がり者-新直参- / p48
  • <2> 立身出世のすすめ-学問と教育- / p51
  • <3> 特権のエスカレーター / p55
  • <4> 無責任な支配と派閥の関係 / p60
  • <5> 官僚あって政治家なし / p66
  • 3 戦後の変革のあらしの中で / p73
  • <1> 敗戦の大衝撃 / p74
  • <2> 官僚の勢力移動 / p78
  • <3> 不死鳥の本領を発揮 / p83
  • 4 わき役的演出者 / p89
  • <1> 「主役」から「わき役」へ / p90
  • <2> 計画的ひより見主義 / p95
  • <3> 見失われた忠誠の対象 / p101
  • <4> 実質的演出者の役割 / p105
  • 5 人間としての官僚 / p109
  • <1> なぜきらわれるか / p110
  • <2> 強迫型の権力人 / p115
  • <3> 責任不感症 / p119
  • <4> 縄張り根性 / p124
  • <5> 法律の機械 / p128
  • 6 官僚的政治意識の諸相 / p133
  • <1> 民族意識・防衛意識 / p134
  • <2> 体制保守意識 / p144
  • <3> すべて現行のとおりに / p151
  • <4> 政治意識の特異性 / p156
  • <5> 現状維持への使命感 / p161
  • 7 官僚の生活感覚 / p165
  • <1> 心の張りとなるもの / p166
  • <2> 奇妙な生活のゆとり / p171
  • <3> 「役得」ということ / p176
  • <4> 地位に対する精神的満足 / p179
  • <5> 欠けている連帯感 / p183
  • 8 官僚の功罪 / p189
  • <1> 人気のない官僚政治 / p190
  • <2> リーダーとしての優秀性 / p193
  • <3> 体制の安全装置 / p198
  • <4> 悪口をいわれながらたよられる / p202
  • 9 保守独裁体制の番犬 / p207
  • <1> 「転進」のルート / p208
  • <2> ひもつき官僚 / p212
  • <3> 栄える政策下請け業 / p217
  • <4> 公僕意識の変質と後退 / p221

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 官僚 : 日本の政治を動かすもの
著作者等 藤原 弘達
書名ヨミ カンリョウ : ニホン ノ セイジ オ ウゴカス モノ
書名別名 Kanryo
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1964
ページ数 225p
大きさ 18cm
NCID BN06597014
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64008313
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想