英国王と愛人たち : 英国王室史夜話

森護 著

歴代英国王で愛人をもたなかった王はほとんどいない。その王たちと愛人たちや庶子たちが織りなすさまざまなエピソードを物語りながら、各王家の好色の血筋をたどり、英国史の知られざる一面に光をあてる歴史エッセイ。教科書では紹介されない話を満載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ノルマン王家 ヘンリー1世
  • 2 プランタジニット王家(ヘンリー2世
  • ヘンリー2世の息子たち
  • 賢王と愚王)
  • 3 ランカスター、ヨーク両王家
  • 4 テューダー王家
  • 5 ステュアート王家(スコットランド王国時代
  • 同君連合後のジェイムズ6世<1世>
  • 陽気な王様チャールズ2世
  • ジェイムズ2世、ウィリアムス3世)
  • 6 ハノーヴァー王家(狂淫の家系-ハノーヴァー選帝侯とジョージ1世
  • 好色と親子相克-ジョージ2世と皇太子フレデリック
  • 弟妹、子女の不品行で精神異常に-ジョージ3世
  • 例外は7男だけ-ジョージ3世とプリンスたち)
  • 7 ヴィクトリア女王とエドワード7世(ヴィクトリア時代の表と裏
  • 最後の遊蕩王 エドワード7世
  • 3人のロイヤル・ミストレス)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 英国王と愛人たち : 英国王室史夜話
著作者等 森 護
書名ヨミ エイコクオウ ト アイジンタチ
出版元 河出書房新社
刊行年月 1991.7
ページ数 318, 17p
大きさ 20cm
ISBN 4309222005
NCID BN06591051
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94027300
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想