変容する日常世界 : 私化現象の社会学

片桐雅隆 著

現代に生きる人々は、どこに「本当の自分」を見出そうとしているのか-私的領域に価値の源泉を求める新たな意識の誕生を、シンボリック相互作用論の視角から浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 シンボリック相互作用論の基礎理論(親密な相互作用と匿名的な相互作用-シブタニとストラウスの基本的視座
  • セルフと相互作用-ワイガートを中心として)
  • 第2部 シンボリック相互作用論と私化論(社会的世界と私化
  • セルフと私化
  • キャリア・個人誌・私化
  • 転向と私化)
  • 第3部 私化論の展開(バーガーと私化論
  • 日本の私化論とその諸問題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 変容する日常世界 : 私化現象の社会学
著作者等 片桐 雅隆
書名ヨミ ヘンヨウスル ニチジョウ セカイ
書名別名 Hen'yosuru nichijo sekai
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 1991.9
ページ数 219, 17p
大きさ 19cm
ISBN 479070405X
NCID BN06585026
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91062380
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想