青年期の精神療法

馬場謙一 編

青年期の家庭内暴力や思春期やせ症など、あるいは対人恐怖症や境界例などに対する関心が、近年臨床家のあいだで高まっている。その趨勢に応えて初版では、経験豊かな12人の臨床家がそれぞれの疾患にアプローチする技法を公開した。今回の増補版では、昨今増加が著しい過食症や学生アパシーが加えられた。また、ロジャーリアン、エンカウンター、森田、精神分析の各立場からの技法論が新たに加わった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 思春期の治療の実際
  • 青年期の治療の実際
  • 各派から見た青年期治療
  • 「この国」における父と母の位置づけ
  • 青年期精神療法の治癒機転

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 青年期の精神療法
著作者等 馬場 謙一
書名ヨミ セイネンキ ノ セイシン リョウホウ
書名別名 Seinenki no seishin ryoho
出版元 金剛
刊行年月 1991.7
版表示 増補.
ページ数 341p
大きさ 22cm
ISBN 4772403671
NCID BN06577527
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92052080
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想