近代日本の大陸政策

古川万太郎 著

本書ではまず、明治日本の大陸政策の形成に影響を与えた思想的系譜をたどり、思想や政策論の内容を紹介する。次に、それらの思想なり政策論が、幕末・維新から新政府樹立の時期に、明治日本の指導者となる人たちに与えた影響を検討するとともに、明治政府の基礎を固めた指導者たちが、どのような思想なり発想のもとに対外政策を推進していったかを具体的に検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 戦争と大陸政策
  • 第1章 大陸政策の思想的源流
  • 第2章 統一国家の形成と対外関係
  • 第3章 「脱亜入欧」への道-「征韓」と「征台」
  • 第4章 朝鮮の反乱事件と日本
  • 第5章 日清戦争
  • 第6章 さらなる戦い-日露戦争へ
  • 第7章 動乱の中国と日本の対応
  • 第8章 「満蒙は日本の生命線」-満州事変への道
  • エピローグ 日中戦争とは

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代日本の大陸政策
著作者等 古川 万太郎
書名ヨミ キンダイ ニホン ノ タイリク セイサク
出版元 東京書籍
刊行年月 1991.8
ページ数 530p
大きさ 22cm
ISBN 4487753252
NCID BN06577367
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91060881
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想