市場・道徳・秩序

坂本多加雄 著

本書は、明治という新たな時代の展開のなかで秩序構想をめぐって格闘した4人の思想家(福沢諭吉・徳富蘇峰・中江兆民・幸徳秋水)の言説構造を浮かび上らせ、現代の政治哲学の新たな地平に向けて展望する、現代自由学芸の騎士による挑戦の書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「独立」と「情愛」-福沢諭吉と市場社会
  • 第2章 青年期徳富蘇峰における道徳と経済
  • 第3章 中江兆民における道徳と政治-「近代的政治思想」とは何か
  • 第4章 幸徳秋水における伝統と革命
  • 補論(独立・官吏・創業-明治政治思想史における「政治家」と「官僚」
  • 経済的繁栄のなかの「市民」理想-『富と美徳』をめぐって)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 市場・道徳・秩序
著作者等 坂本 多加雄
書名ヨミ シジョウ ドウトク チツジョ
出版元 創文社
刊行年月 1991.6
版表示 第4刷
ページ数 298, 25p
大きさ 22cm
ISBN 4423730510
NCID BA38533836
BN06568424
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91056446
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想