世界の果てでダンス : ル・グウィン評論集

ル・グウィン アーシュラ・K.【著】<Le Guin Ursula K.>;篠目 清美【訳】

文学、フェミニズム、物語、旅…。『闇の左手』『ゲド戦記』の巨匠ル・グウィン最新のエッセイ集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • スペース・クローン
  • ジェンダーは必然か?再考
  • 家族計画の道徳的および倫理的意味
  • 暗い嵐の夜でした、あるいは、なぜ私たちは焚火のまわりに集まるのか?
  • 「ろくろ」を回す
  • 物語をめぐる考察
  • 世界の創造
  • 飢え
  • 土地の名前
  • ある王女様の物語
  • カリフォルニアを非ユークリッド的に見れば
  • 現実を直視する
  • 散文と詩の相互作用
  • 左ききの卒業式祝辞
  • プラット川に沿って
  • ろくろは誰のもの?
  • 答えを持たない女
  • ダーブのカダン星に不時着した宇宙飛行士の第二の報告
  • 列車1430号9号車
  • セオドーラ
  • サイエンス・フィクションと未来
  • ただひとりの優れた作家とは?
  • ブリン・モー大学卒業講演
  • 女/荒野
  • 小説 ずた袋理論
  • 英雄たち
  • 女性作家の未来
  • テクスト 沈黙 パフォーマンス
  • 「誰に責任があるのか?」
  • 争い
  • 「あなたはどこからアイディアを得るのですか?」
  • 丘を越え、はるかかなたへ
  • 漁婦の娘

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界の果てでダンス : ル・グウィン評論集
著作者等 Le Guin, Ursula K
篠目 清美
ル・グウィン アーシュラ・K.
書名ヨミ セカイノハテデダンス : ルグウインヒヨウロンシユウ
出版元 白水社
刊行年月 1991.6.10
ページ数 390p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4560042772
NCID BN06564194
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想