蓄積経理の会計理論

岡和夫 著

[目次]

  • 蓄積経理の会計理論
  • 目次
  • 序 林野庁計画課長 浅川林三 / p3
  • 第一章 立木蓄積の資産区分 / p11
  • 序 / p11
  • 第一節 会計学における資産分類 / p11
  • 第二節 流動資産と固定資産 / p14
  • 第三節 流動資産と固定資産の分類基準 / p19
  • 第四節 流動性の大小による資産分類の会計思考 / p20
  • 第五節 損益計算重視の立場よりする資産分類 / p23
  • 第六節 立木蓄積の資産区分 / p24
  • 第七節 本会計における立木蓄積の資産区分 / p30
  • 第二章 恒常在高法 / p33
  • 第一節 恒常在高法の沿革 / p33
  • 第二節 恒常在高とは / p36
  • 第三節 恒常在高法の理論 / p39
  • 第四節 拘束手持在高と恒常在高 / p45
  • 第五節 拘束手持在高法の評価理論 / p47
  • 第三章 立木蓄積は恒常在高か拘束手持在高か / p54
  • 第四章 本会計における損益計算方式について / p56
  • 第一節 損益計算の基本方式 / p56
  • 第二節 伐採過不足、造林過不足の会計処理 / p61
  • 第五章 損益計算と資本維持 / p82
  • 第一節 序 / p82
  • 第二節 企業会計と資本維持 / p83
  • 第三節 資本維持の意義 / p84
  • 第四節 原価主義会計と資本維持 / p88
  • 第五節 拘束手持在高法と資本維持 / p101
  • 第六節 経理規程46条と蓄積資本維持 / p108
  • 第六章 経理規程47条の会計思考 / p115
  • 第一節 序 / p115
  • 第二節 剰余金 / p120
  • 第三節 蓄積検訂差額 / p129
  • 第七章 資産評価論 / p135
  • 第一節 評価の意義 / p135
  • 第二節 評価基準 / p141
  • 第三節 貸借対照表論 / p146
  • 第四節 評価論の変遷 / p169
  • 第五節 最近における評価理論 / p181
  • 第六節 評価に関する通説 / p183
  • 第七節 立木蓄積の評価 / p193

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 蓄積経理の会計理論
著作者等 岡 和夫
書名ヨミ チクセキ ケイリ ノ カイケイ リロン
書名別名 Chikuseki keiri no kaikei riron
シリーズ名 経営計画業務参考資料 ; 第14集
出版元 日本林業調査会
刊行年月 1959
ページ数 204p
大きさ 21cm
NCID BN06562949
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60007583
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想