UNIX日記 : 我が家のワークステーションことはじめ

伊藤雅俊 著

UNIXを搭載したワークステーションは、大学の研究室や企業のみでなく、高性能を求めたパソコンユーザや研究者にも普及しつつある。そのような人々のために、UNIXマシンをうちに持つというのがどういうことなのかを、少しでも感じていただきたいと思い、日記という形で、半年間の私自身の体験をまとめてみた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 我が家にNEWSがやってきてアパートの住人が集合して引っ越しの相談をする
  • BBSホストプログラムを作りはじめて集金人と宅急便と父がやってくる
  • はやくもいきづまりを感じるもユーザが増えて山の手線を駆け回る
  • 部屋のヒューズがとんでしまい世界の平和を祈りつつ田舎に帰る
  • 試験が終わったので眼鏡を新調してX WindowとLISPとkermitを当り前に感じる
  • ホストプログラムがそれらしくなってきたのでとうとう引っ越しする
  • Macintoshに転びそうになるけれどついにISDNが導入されBBSが本格化する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 UNIX日記 : 我が家のワークステーションことはじめ
著作者等 伊藤 雅俊
書名ヨミ ユニックス ニッキ
シリーズ名 Softbank books
出版元 ソフトバンク出版事業部
刊行年月 1991.6
ページ数 243p
大きさ 21cm
ISBN 4890522190
NCID BN06559536
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91043314
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想