孤立無援の思想

高橋和巳 著

人間にとってもっとも汲み尽しがたいものは人間であり、人間の精神である-。世界を席捲した学生の叛乱、文化大革命…。激動と混迷の1960年代後半の若者たちの夢と痛みを共有しつつ、誠実に生きた知識人高橋和巳の代表的評論を収めた本書は、豊かな日本の怠情な日常をも撃ちつづける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 戦後文学私論
  • 失明の階層-中間階級論
  • 孤立無援の思想
  • 戦争論
  • 戦争文学序説-運命について
  • 戦後民主主義の立脚点
  • 新しき長城
  • 暗殺の哲学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 孤立無援の思想
著作者等 高橋 和巳
書名ヨミ コリツ ムエン ノ シソウ
シリーズ名 同時代ライブラリー 75
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.7
ページ数 286p
大きさ 16cm
ISBN 4002600750
NCID BN06551840
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91060156
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想