緑の文化史 : 自然と人間のかかわりを考える

俵浩三 著

緑の環境と人類のかかわりの歴史のなかから、いくつかの興味深いテーマを取り上げ、人間にとって自然のもつ意味を考える。緑をめぐる現状への温故知新の提唱-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ペリーの黒船と植物ウオッチング-北海道開拓を成功に導いたもの
  • 第2章 異国の緑へのあこがれ-世界史の主役・脇役を演じた植物
  • 第3章 古都の繁栄と森林の消長-見えない歴史に環境変化を読む
  • 第4章 日本海北部沿岸の砂防林-海岸林の消滅と再生
  • 第5章 都市公園事始め-日本のハイドパーク型とセントラルパーク型
  • 第6章 国立公園の成立と将来-保護と利用の原点をさぐる
  • 第7章 緑の環境と人間のかかわりを考える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 緑の文化史 : 自然と人間のかかわりを考える
著作者等 俵 浩三
書名ヨミ ミドリ ノ ブンカシ
書名別名 Midori no bunkashi
出版元 北海道大学図書刊行会
刊行年月 1991.7
ページ数 217, 7p
大きさ 19cm
ISBN 4832931512
NCID BN06545189
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92056283
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想