船の一生 : 設計・建造・運航・修繕…

吉田文二 著

大きな船はすべてオーダーメイドだと思っている人がいるかもしれないが、標準船と呼ばれるレディメイドの船もたくさんある。第二次大戦中にも、日米双方が戦時標準船(戦標船)を大量につくった。その際、日本は、鋼材入手が容易にできるように鋼材の規格を緩め、鋲打ち工作作業員の不足を補うために鋼板接合の鋲の間隔を広くしたりした。そのため、できた船は水漏れや油漏れが発生し、運航に支障をきたしてしまったという。一方、米国はどうしたか…?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 船をつくる
  • 2 船を浮かべる
  • 3 船を運ぶ
  • 4 船をつなぎ止める
  • 5 船をしらべる
  • 6 船をなおす
  • 7 船の事故を考える
  • 8 船での生活
  • 9 船旅の楽しみ
  • 10 古今東西のドリームシップ
  • 11 船のアイデンティティー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 船の一生 : 設計・建造・運航・修繕…
著作者等 吉田 文二
書名ヨミ フネ ノ イッショウ
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1991.7
ページ数 263p
大きさ 18cm
ISBN 4061328794
NCID BN06544255
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91059703
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想