サテュリコン : 古代ローマの諷刺小説

ペトロニウス 作 ; 国原吉之助 訳

美貌の少年奴隷をはさんで争いながら南イタリアを放浪する2人の青年を中心に、好色無頼の男や女が入り乱れる。小説『サテュリコン』はまさに古代ローマの爛熟が生み落した「悪の華」だ。とりわけ、奴隷あがりの成金富豪が催す<トリマキオンの饗宴>の場面は古来有名。セネカの諷刺短篇『アポコロキュントシス』を併載。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サテュリコン : 古代ローマの諷刺小説
著作者等 Petronius Arbiter
国原 吉之助
ペトロニウス ガイウス
書名ヨミ サテュリコン
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.7
ページ数 408p
大きさ 15cm
ISBN 4003212215
NCID BN0652982X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91060231
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ラテン語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
アポコロキュントシス セネカ
サテュリコン ペトロニウス ガイウス
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想