宇宙物理学の最前線

F.ホイル, J.ナーリカー 著 ; 桜井邦朋 ほか訳

本書では、自然界に作用する4つの力を、テキストの柱に選んだ。まず、電磁波による観測が明らかにした宇宙の新しい姿が描かれる。恒星のエネルギー源や星の進化は、原子核にはたらく強い力と弱い力から説明されるだろう。宇宙の大規模構造を支配する重力に焦点を当てた部分では、ブラックホールやビッグバン宇宙についての刺激に満ちた議論が展開される。最新宇宙論のバックグラウンドのすべてが、一貫した物理学の眼差しをもって明快に整理されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 時空ダイヤグラムと物質の構造
  • 第1部 電磁相互作用(放射、量子力学、スペクトル線
  • 黒体、恒星スペクトル、H‐R図
  • 電波天文学
  • ミリ波天文学
  • 星間塵と赤外線天文学
  • X線天文学)
  • 第2部 強い相互作用と弱い相互作用(原子、原子核と星の進化
  • 天文学的距離の測定)
  • 第3部 重力の相互作用(運動の法則と重力
  • ブラックホール
  • 宇宙論入門
  • ビッグバン宇宙
  • 慣性と宇宙論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宇宙物理学の最前線
著作者等 Hoyle, Fred
Hoyle, Fred, Sir
Narlikar, Jayant Vishnu
桜井 邦朋
深田 豊
ナーリカー ジャヤント
星野 和子
ホイル フレッド
書名ヨミ ウチュウ ブツリガク ノ サイゼンセン
書名別名 The physics-astronomy frontier
出版元 みすず書房
刊行年月 1991.7
ページ数 527p
大きさ 22cm
ISBN 4622040840
NCID BN06521205
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91059571
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想