山を読む

小疇尚 著

日本には数え切れないほどたくさんの山があり、そのどれもがその山独特の顔をもっています。鋭いピーク、のしかかる岩壁、切り裂かれた深い谷、なだらかな高原のお花畑、穏やかな裏山…。山が見せるさまざまな表情を読んで、山の個性が生み出されてきた由来を考えます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 山の国
  • 2 日本の山・世界の山
  • 3 河に刻まれる山
  • 4 雪国の山
  • 5 凍土の山
  • 6 氷河の山
  • 7 山とのつきあい

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山を読む
著作者等 小疇 尚
書名ヨミ ヤマ オ ヨム
シリーズ名 自然景観の読み方 3
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.7
ページ数 147, 1p
大きさ 19cm
ISBN 4000078232
NCID BN06519961
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91056691
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想