日本史研究入門

遠山茂樹 編

[目次]

  • 目次
  • 第一章 古代史研究の展開 藤谷俊雄
  • 一 序論 / p1
  • 二 方法論の導入 / p3
  • 三 日本型奴隷制の究明 / p11
  • 四 共同體構造の分析 / p30
  • 五 政治史的把握への前進 / p41
  • 第二章 中世史研究の起點-封建制への二つの道について- 石母田正
  • 一 問題提起 / p51
  • 二 歷史的範疇としての奴隷 / p62
  • 三 封建制成立の諸形態 / p82
  • 第三章 中世史研究の展望 永原慶二
  • 一 封建的土地所有の形成 / p105
  • 二 封建的政治形態の展開 / p114
  • 三 封建社會の確立過程 / p124
  • 四 封建社會確立期に於ける農民闘爭 / p135
  • 第四章 近世史研究の課題 山口啓二
  • 一 序論 / p153
  • 二 近世社會の構造 / p155
  • 三 近世前期の諸問題 / p166
  • 四 近世後期の諸問題 / p176
  • 第五章 明治維新研究の成果 遠山茂樹
  • 一 明治維新研究の科學的立場 / p185
  • 二 外壓の性格 / p188
  • 三 明治維新の國內的必然性 / p191
  • 四 明治維新の「原動力」・「主體勢力」 / p200
  • 五 絕對主義 / p210
  • 第六章 現代史研究の視點 井上淸
  • 一 現代史研究の科學的立場 / p217
  • 二 現代史の時代區分 / p229
  • 三 天皇制成立の諸問題 / p238
  • 四 封建論爭(一) / p245
  • 五 封建論爭(二) / p251
  • 六 自由民權運動 / p262
  • 七 日本資本主義社會の性格 / p274
  • 八 「軍事的封建的帝國主義」 / p284
  • 九 日本獨占資本主義の諸矛盾 / p297
  • 補遺 初學者のための文献解題 / p307
  • 參考文献目錄 / p329
  • 總記 / p331
  • 考古學 / p338
  • 古代史 / p342
  • 中世史 / p354
  • 近世史 / p367
  • 明治維新史 / p386
  • 現代史 / p392
  • 補遺 / p407

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本史研究入門
著作者等 井上 光貞
佐藤 進一
永原 慶二
遠山 茂樹
書名ヨミ ニホンシ ケンキュウ ニュウモン
書名別名 Nihonshi kenkyu nyumon
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1952
版表示 増補版
ページ数 413p
大きさ 19cm
NCID BN06508819
BN10082368
BN01675460
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
53000936
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想