色はどうして出るの : ミクロの世界の秘密

西本吉助, 綿谷千穂 共著

本書は、ふとした動機で色で出るメカニズムに興味をもった好奇心旺盛な高校生の青木真理子が、高校の先生のすすめでA大学理学部化学科に進学し、大学のアカデミックな雰囲気の中で、いろいろな人と出会い、刺激を受けながら、物質の色の根源について勉強していく様子を書いたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 知性の目覚め
  • 光の秘密
  • なぜ、赤い服は赤く見えるのか
  • 知性の出発
  • ミクロの世界への探検
  • 物質の色にもいろいろある
  • 色を創り出すのは電子であった

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 色はどうして出るの : ミクロの世界の秘密
著作者等 綿谷 千穂
西本 吉助
書名ヨミ イロ ワ ドウシテ デルノ
書名別名 Iro wa doshite deruno
シリーズ名 ポピュラーサイエンス
出版元 裳華房
刊行年月 1991.6
ページ数 212p
大きさ 19cm
ISBN 4785385502
NCID BN0650394X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91050791
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想