劇場のシェイクスピア

喜志哲雄 著

シェイクスピアの舞台は俳優の語る台詞が空間を生み出し観客の想像力によって体験される。観客席からの演劇エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 劇場のシェイクスピア
  • シェイクスピアの舞台意識
  • シェイクスピアの台詞について
  • 観劇行為と観劇体験-シェイクスピア上演の理解のために
  • シェイクスピアは悲劇をいくつ書いたか
  • シェイクスピアと犯罪
  • シェイクスピア劇と宴
  • シェイクスピアの道化
  • シェイクスピアと現代
  • 緑のシェイクスピア
  • 『十二夜』の舞台から
  • ロイアル・シェイクスピア劇団の『真夏の夜の夢』
  • 70年代半ばの『ハムレット』
  • イギリスのシェイクスピア、アメリカのシェイクスピア
  • ロイアル・シェイクスピア劇団は何をしたのか
  • ルネサンス劇団のシェイクスピア
  • ロイアル・シェイクスピア劇団の『じゃじゃ馬ならし』
  • ピーター・ブルックの『あらし』
  • 虚構の演劇
  • 鏡としての芸術としての鏡
  • イギリス演劇の美学のために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 劇場のシェイクスピア
著作者等 喜志 哲雄
書名ヨミ ゲキジョウ ノ シェイクスピア
出版元 早川書房
刊行年月 1991.6
ページ数 290, 10p
大きさ 20cm
ISBN 4152034793
NCID BN06502572
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92056773
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想