空海書韻

榊莫山 著

密教の全体系を唐より持ち帰った空海。その莫大な資金源は何処から出たか。高野山系の水銀集団、丹生族の悲願をふまえて展開する著者会心の空海伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 水銀の鉱山
  • 山河慟哭
  • 渡唐の船旅
  • 長安の日日
  • 求法
  • 空海の立腹
  • 槙ノ尾山暮らし
  • 空海書韻
  • 最澄との亀裂
  • 空海山へ帰る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 空海書韻
著作者等 榊 莫山
書名ヨミ クウカイ ショイン
出版元 美術公論社
刊行年月 1991.3
ページ数 223p
大きさ 20cm
ISBN 4893301098
NCID BN06494510
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91034409
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想