氏と戸籍の女性史 : わが国における変遷と諸外国との比較

久武綾子 著

働く婦人の増加と男女平等の意識から、いま、夫婦の氏が問われている。本書は、氏と戸籍面の女性史という視点から、古代から現代に至る通史として論考するとともに、諸外国との比較をも試みるものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 いま、なぜ"氏と戸籍の女性史"が必要か
  • 1部 日本の古代から現代までの氏と戸籍の女性史(古代籍帳にみられる夫婦の姓
  • 古代籍帳等にみられる女性の地位
  • 現存平安時代の籍帳における女性の扱われ方と夫婦の氏
  • 中世の土地台帳・譲状・売券にみられる女性名
  • 近世における戸籍史料にみられる「家」制度と女性
  • 明治民法施行前における妻の氏
  • 明治民法施行前の戸籍における女性の地位
  • 明治民法施行前および施行後の「戸籍」
  • 現行法戸籍と戸籍に対する意識
  • 現行民法における「氏」とその意識)
  • 2部 比較法の視点からみた夫婦の氏(世界の法体系
  • ロマン法圏
  • ドイツ法圏
  • 英米法圏
  • 北欧法圏
  • 社会主義法圏
  • 極東法圏
  • その他の法圏
  • 婚姻時の婚氏制度
  • 離婚と婚氏制度)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 氏と戸籍の女性史 : わが国における変遷と諸外国との比較
著作者等 久武 綾子
書名ヨミ ウジ ト コセキ ノ ジョセイシ
書名別名 Uji to koseki no joseishi
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 1988.5
版表示 5版
ページ数 212, 4p
大きさ 19cm
ISBN 4790703339
NCID BA43846229
BA54870247
BN02238246
BN0649434X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88042171
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想