シリーズ変貌する家族  1 (家族の社会史)

上野千鶴子 ほか編

家族を家族たらしめているものは何か。著しい家族の変化を歴史の文脈のなかに位置付け、何が変わり何が変わらないかを明らかにする。家族法や家族イデオロギーなどの問題から、離婚や生殖テクノロジーなどの事柄に至るまで、家族を動かす様々な具体的な要因について究明。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ファミリィ・アイデンティテイのゆくえ-新しい家族幻想
  • 家族の文明史(母系家族の敗北
  • <家族の母>・<社会の母>・<国家の母>-母性を生きた近代ドイツの女たち
  • 明治国家と家庭イデオロギー)
  • 家族法の実験
  • 家族の肖像-記憶の修辞学
  • 現代の離婚をどう分析するか
  • 家族計画の思想(少子化と近世社会の子育で-マビキの社会史
  • 人間の「量」と「質」-バース・コントロールと優生思想
  • 中絶の社会史)
  • 生殖技術と家族
  • ホームドラマの戦後家族-父親像を中心に
  • 家族の日本文学史 1(家族の原点 昔も今も)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シリーズ変貌する家族
著作者等 上野 千鶴子
中井 久夫
中村 達也
宮田 登
山田 太一
鶴見 俊輔
書名ヨミ シリーズ ヘンボウスル カゾク
書名別名 家族の社会史
巻冊次 1 (家族の社会史)
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.7
ページ数 289p
大きさ 21cm
ISBN 400004141X
NCID BN06493234
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91058045
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想