経営史

栗田真造 著

[目次]

  • 目次
  • 序論 経営史の生成と課題 / p1
  • 第一章 ラーソンの経営史論 / p1
  • 第二章 経営史の課題 / p18
  • 本論 経営史の一展開 / p35
  • 第一章 古代の経営事情 / p35
  • 一 政治的手段としての経営 / p35
  • 二 農、工、商の経営状態 / p40
  • 第二章 オイコスの経営 / p48
  • 一 オイコスの概念 / p48
  • 二 経営労働 / p52
  • 三 資本 / p56
  • 四 原価計算 / p60
  • 第三章 中世前半期の経営態様 / p63
  • 一 内国経済文化の台頭 / p63
  • 二 修道院経営 / p65
  • 三 荘園経営 / p70
  • 第四章 中世後半期の経営態様 / p75
  • 一 都市と人間 / p75
  • 二 都市と階層 / p78
  • 三 職業階層的経済秩序 / p82
  • 第五章 同職組合経営 / p89
  • 一 経営概念 / p89
  • 二 スコラ学派の所有論と経営財産 / p95
  • 三 経営労働 / p106
  • 四 費用と価格 / p111
  • 第六章 中世の取引原理と商業 / p115
  • 一 取引の均等 / p115
  • 二 利子と信用 / p119
  • 三 商業の地位 / p123
  • 第七章 資本主義的経営の芽生え / p128
  • 一 個人主義経済思想 / p128
  • 二 新経営概念の成立 / p132
  • 三 数の認識と利用 / p136
  • 第八章 複式簿記の起源 / p143
  • 一 複式簿記の生成 / p143
  • 二 簿記発生の経営学的意義 / p151
  • 第九章 近世の商業経営形態 / p156
  • 一 商業中心への移行 / p156
  • 二 卸商と小売商の分離 / p158
  • 三 小売商 / p161
  • 四 旅商 / p164
  • 五 卸商 / p166
  • 六 専門店 / p169
  • 第十章 会社形態の生成 / p172
  • 一 株式会社の先駆 / p172
  • 二 私的商社の諸形態 / p174
  • 三 公的商社としての貿易会社 / p178
  • 四 株式会社の生成過程 / p182
  • 付論 経営史研究の状況 / p187
  • 第一章 アメリカにおける研究状況 / p187
  • 一 経営史の開拓者グラース / p187
  • 二 経営史季報と研究叢書 / p198
  • 三 企業者史研究 / p205
  • 第二章 ドイツにおける研究状況 / p213
  • 一 経営発達史 / p213
  • 二 トロイエの会社史論 / p219
  • 三 ツァイス工場の研究 / p226

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 経営史
著作者等 栗田 真造
書名ヨミ ケイエイシ
出版元 千倉書房
刊行年月 1960
ページ数 236p
大きさ 22cm
NCID BN06481337
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
61002262
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想