デジタル回路はどうすれば理論どおりに働くか

岡村廸夫 著

[目次]

  • 第1章 確実さを求めて
  • 第2章 しきい値の考え方
  • 第3章 タイミングの考え方
  • 第4章 耐ノイズ性の検討
  • 第5章 パルス・デジタル信号の扱い
  • 第6章 電源の省電力設計
  • 第7章 MPUとその周辺
  • 第8章 パワースイッチング
  • 第9章 実装とケーブルドライブ
  • 第10章 インターフェイスの技術
  • 第11章 ノイズ設計の要点
  • 第12章 診断の技術

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 デジタル回路はどうすれば理論どおりに働くか
著作者等 岡村 迪夫
書名ヨミ デジタル カイロ ワ ドウスレバ リロンドオリ ニ ハタラクカ
書名別名 Dejitaru kairo wa dosureba rirondoori ni hatarakuka
出版元 日刊工業新聞社
刊行年月 1991.6
ページ数 173p
大きさ 22cm
ISBN 4526029491
NCID BN06480753
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91052370
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想