家族・性・結婚の社会史 : 1500年~1800年のイギリス

L.ストーン 著 ; 北本正章 訳

結婚観、性意識、夫婦・親子の情愛、子育てと教育など、家族をめぐる諸問題の社会史的起源を、近代以後の経済、宗教倫理、生活意識、文化の諸相に探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 序論(問題設定、方法論および概念規定
  • 人口動態上の諸事実)
  • 第2部 開放的血統家族の時代(開放的血統家族の基本性格)
  • 第3部 限定的家父長制核家族の時代(血縁関係、従属関係および共同体の衰退
  • 家父長制の再強化)
  • 第4部 閉鎖的家庭内的核家族の時代(情愛的個人主義の発達
  • 配偶者の選択
  • 友愛結婚
  • 親子関係)
  • 第5部 性(上流階級における意識と行動
  • ジェントルマン階層の性行動・ピープスとボズウェル
  • 一般市民の性行動)
  • 第6部 結論(諸事実、解釈および1800年以降の諸展開)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族・性・結婚の社会史 : 1500年~1800年のイギリス
著作者等 Stone, Lawrence
北本 正章
ストーン ローレンス
書名ヨミ カゾク セイ ケッコン ノ シャカイシ
書名別名 The family,sex,and marriage in England,1500-1800
出版元 勁草書房
刊行年月 1991.7
ページ数 634, 51p
大きさ 20cm
ISBN 432665127X
NCID BN0647261X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91056583
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想