時間の不思議 : タイムマシンからホーキングまで ムムッ、虚時間?

都筑卓司 著

相対論の第一人者キップ・ソーンによると、宇宙の虫食い穴を使えば未来へ行くことができるかも知れない、という。本当だろうか?また"車椅子の天才"スティーブン・ホーキングの理論では、宇宙の初めは"虚時間"だったという。虚時間って、何なのだ?いったい、なぜ、そんな時間を考えるのか?本書は、時間をめぐる七つのナゾをとりあげ、平易明解な説明を与える。物理ファン待望の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 タイムマシンを考える
  • 2 時間が止まる
  • 3 宇宙で一番短い時間
  • 4 すべては量子論的時間から
  • 5 ホーキングの虚時間
  • 6 ホーキングの逆転する時間
  • 7 永遠の(?)時間

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 時間の不思議 : タイムマシンからホーキングまで ムムッ、虚時間?
著作者等 都筑 卓司
書名ヨミ ジカン ノ フシギ
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1991.6
ページ数 233p
大きさ 18cm
ISBN 4061328735
NCID BN0646400X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91050789
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想